腹筋女子になりたい!綺麗な腹筋とくびれを手にいれる方法

夏は、水着やキャミソールにショートパンツなど、肌を露出するファッションをする機会が増えます。

そのような季節はやはり、自分自身の体型が崩れないように努力をすることが大切です。くびれのあるウエストやほっそりとした足、適度に引き締まった二の腕など、自分自身が一番きれいに見えるスタイルを夏は作っていくと良いです。

芸能人に腹筋女子が増えてきている

芸能人でも腹筋女子と呼ばれる女性が今増えています。

自宅で筋トレなどをして、しっかりと筋肉をつくることはもちろんのこと、運動を習慣にしていくことが一番大切です。自分のスタイルをキープできるように努力していくと良いです。

筋肉トレーニングをすることで普段鍛えない筋肉を使うことになりますので、余分な脂肪が減りますし、使わなかった筋肉が引き締まり、結果的にウエストがくびれることになります。

また、食生活も大切で、できるだけ炭水化物をひかえ、お肉や魚などのタンパク質や野菜をしっかりと摂取することが重要です。

加えて、お菓子や甘いものなど間食を控えることも重要です。特に、おなかのすく夜はついついお菓子を食べたくなりますが、我慢することが大事です。

芸能人でいうと、モデルなどをしている女性はくびれがとてもきれいで、腹筋も適度に鍛えられている印象です。

やはりグラビアなどで衣装によってはおなかの見える洋服を着る機会も多く、また、ハイブランドな洋服を身に着けることも多いので、やはり洋服のラインがきれいにみえるくびれは大切です。

他にもグラビアアイドルなども意外と腹筋女子が多く、水着などで惜しげもなく披露しています。やはり芸能人はウエストなどの筋肉を鍛える努力をしていることになります。

自宅でトレーニングをしたり、ウォーキングやスイミングなどをして有酸素運動を取り入れることも大切です。

エステサロンに通って腹筋女子になれる?

また、自分自身の努力できれいな腹筋を作ることが難しい場合は、プロの手を借りることも一つの方法です。つまり、エステなどでマッサージをしながら脂肪を減らす方法です。

エステサロンでは様々な筋肉を鍛えるコースや脂肪を取り除くコースがありますので、自分にあったエステサロンを選ぶことも重要ですし、価格もサロンによって変わりますので、まずはお得な体験コースなどで試してみることが大切です。

きれいな腹筋を作る為にはトレーニングだけでなく、凝り固まった脂肪をほぐすことが大事なので、自分でほぐすことが難しい時は、エステサロンなどのマッサージを利用するのも一つの方法です。

体質改善で痩せやすい体を作ろう!

ダイエットというと、みなさん気にする事は、体重を落とすことです。でも、体重と脂肪燃焼は比例していないので、これは痩せやすい体を作るというよりは体調を崩しやすくなってしまいます。

体重を落とす事の仕組みとして、落ちる順番が筋肉が落ち、ある程度筋肉が落ちてしまうと、それから脂肪が落ち始めるという仕組みになってます。

筋肉は、体の代謝にとって一番重要な働きをします。筋肉が落ちてしまうと体力も落ちてしまい、その結果代謝も落ちて脂肪燃焼をする力が衰えてしまいます。

ダイエットの際は一時的に痩せれたとしても、それは体脂肪が落ちているわけではなく、一番重要な筋肉が落ちてしまっているのです。

その結果、理想の体に近づくどころか、逆にダイエットしたつもりが筋肉が落ちてしまった分、太りやすい体を作ってしまいます。

つまり、痩せやすい体に必要不可欠なのが筋肉なのです。

体質改善の第一歩として軽い筋トレから始めてみよう

ではどうしたらよいのかというと、体内の体質を改善していくことです。今までのように、ダイエット=体重を減らすという概念を無くすことです。

もっとも重要なのは、体重ではなく体脂肪を減らしていくことです。先ほどもお伝えしたように、適度な筋肉をつけることで体脂肪は徐々に落ちていきます。

そうすることで脂肪が燃焼しやすい体になり、結果的に体重も減っていくわけです。

あまり知られていませんが、筋肉1キロと脂肪1キロだと、後者の大きさの方が3倍も違います。

という事は、同じ体重でも筋肉が多い人に比べ、脂肪が多い人は太って見えるという事になります。

残念ながら、脂肪は黙っていても無くなっていくわけではありません。また、筋肉をつけずに有酸素運動ばかりやっていても、思ったようなダイエット効果を得る事ができません。

しかし、筋肉をつけることによってダイエット後も代謝が良く、脂肪燃焼しやすい体に改善されていくので、特に気を使わなくても日常的に脂肪燃焼をしてくれるようになります。

つまり、痩せたい時はいつでも痩せられる体を作ることができるのです。

今は様々なダイエット方法がありますが、ほとんどがリバウンドをしたり、痩せにくい体を作ってしまったりします。それは、体重を減らすことに特化したダイエット方法だからです。

そのような目先の体重の変化を追う方法ではなく、体脂肪を減らすことを目的としたダイエットをする事をおススメします。

筋肉を作る為には、肉やプロテインなど筋肉の元となる食品を多く食べることと、適度な筋トレをする事が基本となります。

筋トレは腹筋や背筋、腕立て伏せなどを、最初は10回でも良いので毎日無理なく続けるようにしてください。何事もそうですが、3日坊主だとこれっぽっちも筋肉は付きません。

筋肉は脂肪と違ってなかなか付きにくいので、見た目の変化が表れるまではある程度の期間が必要になります。

1日10回の腹筋や腕立て伏せが問題なくできるようになったら、いよいよ本格的なトレーニングに移行していきましょう。

負荷は一緒で構いませんので、10回×3セットを目指してみてください。この時、1セットごとに60秒のアイドルタイムを作るようにします。

セット間の時間が長すぎると筋トレの効果は少なくなり、逆に短すぎると負荷を掛け過ぎることになってしまいます。

最初は3セット目がかなりきつく感じますが、なんとか頑張って続けてみてください。

これをできれば一日置き、難しくても二日置きのペースで2ヶ月間頑張ってみましょう。もし可能であれば、トレーニング後にプロテインの摂取も行ってください。

2ヶ月後には、きっと体型にはっきりとした違いが表れるはずです。

糖質制限ダイエットは本当に痩せる?リスクはないの?

糖質制限ダイエットは名前の通り、食事における糖質の量をコントロールするダイエット法のひとつです。

ストレスが少なくてすみ、また効果が目に見えてわかりやすいことから現在では男女問わず人気のある痩身法のひとつです。

糖質制限ダイエットの基本はなるべく糖質を控える事を目的とするもので、甘いお菓子やドリンクだけでなく、糖質を多く含むため炭水化物も含めて摂取量をコントロールします。

また、ビールやワインなど醸造酒も糖質を含むので控える必要があります。

一方、糖質制限ダイエットではタンパク質を取るべき量については制限がないので、主食とスイーツさえ我慢すれば、肉、卵、チーズなどは好きなだけ食べる事ができます。

このため、カロリー計算で考える従来のダイエット法と異なり、食事の楽しみをある程度維持することができるのが特徴です。

また、慣れると糖質への渇望感は薄れていくので、続けるほどリバウンドのリスクも減少します。糖質制限ダイエットを始めると、最初の内はとくに体重が目立って落ちてきます。

そのため達成感を得られやすく、モチベーションを維持しやすいのもメリットのひとつです。

糖質を制限して高タンパクのメニューにすると脂肪が燃焼しやすくなる?

体内に剰余のエネルギーとして蓄積されている脂肪を効率的に燃焼することができ、短期間で大幅な体重減少も可能です。

ただ、その分リスクがないわけではありません。ひとつには急激に痩せる事が可能なため、肌がたるんだようになる場合がありますが、それ以上に問題なのが栄養バランスの偏りによる健康問題です。

もともと糖質制限ダイエットは糖質を控え、そのほかは健康的でバランスのとれた食生活を続けることが前提です。

このルールからはずれなければ問題はありませんが、肉やチーズなど動物性のタンパクばかり多く摂取し続けると中性脂肪やコレステロールの値が以上にあがる原因になることがあります。

また、糖質制限用のスナックなどは味の調整のため添加物を多く含んでいる可能性があり、長期にわたって大量に食べ続けると体に負担をかける恐れがあります。

あくまで大豆や魚、野菜などを含めミネラルを多く含む海藻や、不飽和脂肪酸が豊富なナッツなども合わせて1日の献立を考えるようにします。

また必ず水分はこまめに補給するようにしましょう。

正しく行えば短期間で痩せられるだけでなく、体内のインシュリンの過剰分泌を防ぐことができ、さらに体の糖化を防ぐことができるのでアンチエイジングのも役立つ健康的なダイエットが可能です。