糖質制限ダイエットは本当に痩せる?リスクはないの?

糖質制限ダイエットは名前の通り、食事における糖質の量をコントロールするダイエット法のひとつです。

ストレスが少なくてすみ、また効果が目に見えてわかりやすいことから現在では男女問わず人気のある痩身法のひとつです。

糖質制限ダイエットの基本はなるべく糖質を控える事を目的とするもので、甘いお菓子やドリンクだけでなく、糖質を多く含むため炭水化物も含めて摂取量をコントロールします。

また、ビールやワインなど醸造酒も糖質を含むので控える必要があります。

一方、糖質制限ダイエットではタンパク質を取るべき量については制限がないので、主食とスイーツさえ我慢すれば、肉、卵、チーズなどは好きなだけ食べる事ができます。

このため、カロリー計算で考える従来のダイエット法と異なり、食事の楽しみをある程度維持することができるのが特徴です。

また、慣れると糖質への渇望感は薄れていくので、続けるほどリバウンドのリスクも減少します。糖質制限ダイエットを始めると、最初の内はとくに体重が目立って落ちてきます。

そのため達成感を得られやすく、モチベーションを維持しやすいのもメリットのひとつです。

糖質を制限して高タンパクのメニューにすると脂肪が燃焼しやすくなる?

体内に剰余のエネルギーとして蓄積されている脂肪を効率的に燃焼することができ、短期間で大幅な体重減少も可能です。

ただ、その分リスクがないわけではありません。ひとつには急激に痩せる事が可能なため、肌がたるんだようになる場合がありますが、それ以上に問題なのが栄養バランスの偏りによる健康問題です。

もともと糖質制限ダイエットは糖質を控え、そのほかは健康的でバランスのとれた食生活を続けることが前提です。

このルールからはずれなければ問題はありませんが、肉やチーズなど動物性のタンパクばかり多く摂取し続けると中性脂肪やコレステロールの値が以上にあがる原因になることがあります。

また、糖質制限用のスナックなどは味の調整のため添加物を多く含んでいる可能性があり、長期にわたって大量に食べ続けると体に負担をかける恐れがあります。

あくまで大豆や魚、野菜などを含めミネラルを多く含む海藻や、不飽和脂肪酸が豊富なナッツなども合わせて1日の献立を考えるようにします。

また必ず水分はこまめに補給するようにしましょう。

正しく行えば短期間で痩せられるだけでなく、体内のインシュリンの過剰分泌を防ぐことができ、さらに体の糖化を防ぐことができるのでアンチエイジングのも役立つ健康的なダイエットが可能です。

Writen by dietpresident